美は腸から生まれる

腸美人という言い方を聞いたことはありませんか?口~食道~胃~肛門まで通道となって、皮膚と繋がっているため、皮膚の一部と言えます。胃腸が丈夫、キレイであることは、肌の輝き、美に繋がります。

だから、胃腸の環境は食べ物で決まるので、食べ物と美は切っても切れない関係と言えます。

では、老化を起こす物質はなんでしょうか?それに老化はUVカット等で外から防ぐだけでは不十分です。内側からのケアで、AGEや活性酸素を減らすことが重要です。

ここは2つの老化原因物質を紹介します。

AGE(終末糖化産物)

たんぱく質・糖質を高温処理(炒める、揚げる等)することで発生します。また、体内ではブドウ糖やたんぱく質をエネルギーに変える際、燃えカスとして発生する物質です。特に、焼き肉、ドーナツ、クッキー、ケーキなどの食品、食べ過ぎに注意すべきです。

活性酸素

紫外線、添加物、ストレス、吸収のよいブドウ糖をとりすぎる等で発生することです。活性酸素を増やすものは糖やアルコールの過剰摂取、おまけに運動不足などのことです。

老化を防ぐ食事のポイント

ビタミン・ミネラルの多い玄米、豆類、野菜をしっかりとってください。

食物繊維の多い未精白穀類、豆類、野菜や発酵食品を、ゆっくり噛んで食べてください。

ファイトケミカルは抗酸化作用があるので、食事に様々な色を揃えて食べると良いです。

葉酸を多く含む植物性食品、大豆製品を食べることにしてください。葉酸不足により、コラーゲンを支え皮膚に柔軟性を与える“エラスチン”が破壊されます。様々な老化現象に繋がります。

油に水素添加して固体にして、自然界にはあまり存在していないため、カラダにとっては異物となります。水分はしっかりとって、短期間(1~2日)の断食をして、胃腸を休めるにしましょう。

オススメサイト情報

レビトラ通販| レビトラ正規品購入

最新ED治療薬シアリス

勃起不全対策方法

早漏防止薬

女性用媚薬|不感症改善

精力剤|男性性機能治療サイト